アライグマはどこにでも現れるようになってきています

アライグマ駆除は自身で行うのは大変危険です。

アライグマ駆除は自身で行うのは大変危険です。 一昔前にアニメで大人気になり実際に飼ってみた所、大きくなるにつれ凶暴になっていき手に負えなくなって捨てられたのが野生化して問題になっているのがアライグマです。
野生化しただけではなく自然繁殖しているのが厄介で、農作物や家庭菜園を荒らすだけでなく屋根裏に忍び込んで巣を作る場合もあります。
また外来種なので日本の生態系を崩す恐れもあり、見かけたら早急な駆除が必要ですが素人がアライグマ駆除を行うのは大変危険です。
と言うのも小さい頃は愛くるしくて大人しいイメージを持っていても、大人になると結構獰猛でむやみに近づくと威嚇してくるだけでなく爪でひっかいたり噛む事もあります。
もし罠で捕獲したとしてもその後の処分にも困ってしまうので、駆除を成功させる為には専門業者に依頼するのが一番です。
専門の業者はアライグマ駆除だけでなく様々な迷惑動物の駆除の経験と実績が豊富で、動物によって効果的な方法や技術を持っているので安全且つ確実に駆除を成功させるのです。

アライグマ駆除の方法のと依頼費についての知識

アライグマ駆除の方法のと依頼費についての知識 アライグマ駆除の方法と依頼費を事前に調べる事がこのサービスを利用するポイントです。
複数の会社から見積もりを取りよせて比較検討します。
駆除の知識や使用する薬品に詳しい事がアライグマ駆除には必要です。
アライグマは特定外来種に指定されており、捕獲後は生きたままの移動を法律で制限されているのが特徴になります。
捕獲した現地で安楽死処分後に回収方法になるので注意が必要です。
アライグマ駆除は住んでいる場所から追い出し、侵入口遮断します。
捕まえてから侵入口遮断をする事も可能です。
アライグマが住んでいる天井裏や床下に燻煙剤を使用します。
煙で住居などから追い出す流れです。
アライグマ駆除で捕獲をする場合は、業者が自治体の保健所や必要な施設に有害鳥獣駆除の申請をします。
罠で捕獲をする場合は狩猟の資格が必要なので、これらの資格がある業者を選ぶようにするのがポイントです。
費用や効果的な手順で行う会社を探すようにします。

新着情報

◎2019/12/2

アライグマが多く生息する原因
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

入手可能な市販品で駆除
の情報を更新しました。

◎2019/7/23

侵入を防ぐ方法
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「アライグマ 危険」
に関連するツイート
Twitter

また、アライグマ回虫、狂犬病など多数の病原菌を有している。アライグマ自体は菌に対する免疫力が高いので問題ないのだが、動物だけでなく人間にも感染する病原菌を持っているため、非常に危険なのだ。

返信先:@_bkmgr リプの中身が全部丸ごとひっくり返って別物で面白すぎる 世界一危険アライグマ野郎

また、アライグマ回虫、狂犬病など多数の病原菌を有している。アライグマ自体は菌に対する免疫力が高いので問題ないのだが、動物だけでなく人間にも感染する病原菌を持っているため、非常に危険なのだ。

また、アライグマ回虫、狂犬病など多数の病原菌を有している。アライグマ自体は菌に対する免疫力が高いので問題ないのだが、動物だけでなく人間にも感染する病原菌を持っているため、非常に危険なのだ。

返信先:@transition_bag やっぱハクビシン増えているんですね💦 ただ、狸やハクビシンやアライグマは狂犬病の危険性があるから怖いっす…

Twitterまゅりん(仮)@私よりギャル!!!!@mayurinz

返信 リツイート 1/22(水) 1:27

犬は人間にも動物にも何にでも吠える見張り役で、室内にいる猫が犬の吠え声に反応しなければ無害な人間で、猫がただならぬ様子になったら不審な人間か人外の危険ななんかであると判断できるのである。 たまたま家族も外にいたのでアライグマと判明…凶暴な害獣だ…危ないな

また、アライグマ回虫、狂犬病など多数の病原菌を有している。アライグマ自体は菌に対する免疫力が高いので問題ないのだが、動物だけでなく人間にも感染する病原菌を持っているため、非常に危険なのだ。

アライグマ対策セミナー(2019年11月21日)1-1 加藤卓也先生 アライグマ危険な理由」 ⇒ ameblo.jp/ids-gaichu-h/e… #アメブロ @ameba_officialさんから

Twitterはら@SURFACE ON は名盤、わかるんだね@js1b6121

返信 リツイート 1/21(火) 12:34

また、アライグマ回虫、狂犬病など多数の病原菌を有している。アライグマ自体は菌に対する免疫力が高いので問題ないのだが、動物だけでなく人間にも感染する病原菌を持っているため、非常に危険なのだ。

また、アライグマ回虫、狂犬病など多数の病原菌を有している。アライグマ自体は菌に対する免疫力が高いので問題ないのだが、動物だけでなく人間にも感染する病原菌を持っているため、非常に危険なのだ。